Fujitsu Offers High-End, Software-Defined Qumulo Solution to Master Petabytes of Unstructured Data – Japanese

ニュースの内容:

  • 富士通は、テクノロジーパートナーであるQumulo社が提供する企業実績のあるファイルデータプラットフォームを提供します。
  • Qumuloファイルストレージは、データ駆動型の変革をサポートします。企業は、複雑なハイブリッドIT環境に分散している場合でも、膨大な量のファイルデータを管理して効果的に活用することができます。
  • カスタムメイドの高性能の情報リポジトリにより、大量のデータをリアルタイムに可視化し、スループットの傾向やホットスポットのインサイトを即座に把握することができます。

ミュンヘン、2020年9月2日 – 富士通は本日、ソフトウェア・デファインド・ストレージ技術を活用し、企業が複数のデータセンターやクラウドに分散しているペタバイト級のデータを管理できるようにする新しいストレージソリューションを発表しました。Qumulo社のファイルデータプラットフォームは、ファイルデータの管理とアクセスのための最も先進的なソリューションであり、大規模なエンタープライズストレージソリューションにおける新しいサービスとアプリケーションの作成への道を開きます。企業は、複数のデータソースを分析することで、ビジネスを飛躍的に発展させることができると認識しています。画像診断、モデリング、シミュレーション、LIDAR、GIS、遺伝子配列解析、ビデオ制作など、さまざまなプロセスが非構造化データの作成と利用を中心に展開されています。しかし、膨大な量のファイルデータを管理することは、特にIoTデバイスから来るネットワークエッジや、オンプレミスまたはクラウドの間で分散していることがあるため、簡単なことではありません。Qumuloのファイルシステムは、オンプレミスとクラウドにまたがるデータのリアルタイムな可視性、拡張性、および制御を、非常に詳細なレベルでも実現し、システムの構成とパフォーマンス管理を容易にします。

非構造化データに取り組む
データセンター、プライベートクラウド、パブリッククラウドにまたがるハイブリッド環境向けに特別に設計されたQumuloは、ユーザーの情報共有を可能にするとともに、複数のストレージプロトコルをサポートしており、データの統合が可能になります。これにより、分散環境におけるデータの管理が容易になり、予測不可能な非構造化データの増加を吸収し、クラウド上のまたはクラウド外の両方で増加するアプリケーションからのデータ要求に対処することができます。「データは新たな金塊であるという主張をよく目にします」と、富士通の欧州製品販売部門カテゴリマネジメント責任者のオリビエ・デラシャペル氏は言います。「しかし、データが価値を持つには、すべてのペタバイト級の非構造化データのマイニング、管理、洗練を行う必要があります。Qumuloソリューションによる富士通の新しいアプローチは、カスタムメイドの高性能な情報リポジトリです。それは制限なく拡張可能で、顧客は膨大な量のデータの中から真の価値を持つ金塊を見つけ出すことができます。」Qumulo社の副社長兼EMEAゼネラルマネージャーであるトーレ・ラベ博士は次のようにコメントしています。「企業は、非構造化データ環境のスケール、パフォーマンス、クラウドの要件を満たすファイルデータプラットフォームを必要としています。Qumuloは富士通とのパートナーシップにより、結果が出るまでの時間を加速させ、コスト抑制を促進させる最新のインフラへのシームレスな移行を可能にすることを嬉しく思っています。」

富士通のデータ駆動型変革戦略で重要な役割を果たすQumuloのソリューション
Qumuloのソリューションは、富士通の4つの層からなるデータ駆動型変革戦略の第2ステージに適合しています。それはデータ変革のベースラインが定義された後の、ターゲットデータアーキテクチャの作成が含まれます。ハイブリッドIT環境を支える富士通の幅広いポートフォリオは、データの管理、保護、安全性を確保しつつ、そのビジネス価値を最大化することで、デジタル変革の成功を可能にします。富士通は、お客様と協力して、ターゲットアーキテクチャを定義し、プラットフォーム、ストレージ、ワークロード、データ管理の観点からハイブリッド環境を分析し、適切なソリューションを提供します。組織が変革のベースラインを確立したら、次のステップは、エッジ、コア、クラウドにまたがるデータへの完全なアクセスと制御を可能にするターゲットデータアーキテクチャの作成です。

スケーラブルでクラウドネイティブなQumuloインスタンス
Qumuloのソリューションは、数百億のファイルをサポートするために迅速に拡張することができ、クラウドネイティブなファイルシステムにより、ワークロードをパブリッククラウドにシームレスに移行することができます。つまり、需要の急増に対応するために、短期的な処理能力をオンプレミスやホステッドの機能以上に拡張することができ、リモートの共同作業者がデータに即座にアクセスできるようにすることもできます。また、アプリケーションレベルのアクセスを可能にするAPIを介して、クラウドのデータを活用したマイクロサービスを簡単に実行することもできます。

リアルタイムの可視性とインテリジェントな最適化
Qumuloは、データとユーザーをリアルタイムに可視化し、効果的なデータ管理を可能にします。需要の急激な増加など、潜在的なパフォーマンスの問題や、長期的な傾向も一目で把握することができます。ユーザーの要求を予測し、次に要求される可能性の高いデータを事前にロードし、ユーザーの行動に基づいて自動的にデータを階層化し、ファイル管理やストレージメディアを最適化することで、内蔵された機械学習により、読み取り要求の90%以上を内蔵キャッシュから1ミリ秒以下で処理することができます2。フラッシュファースト戦略とは、書き込み処理の100%、読み込み処理の98%以上をはるかに高速なフラッシュベースのドライブで処理し、すぐに必要ではないデータは安価ではあるものの低速なハードディスクドライブに保存するという戦略です。

価格と在庫
Qumuloは、富士通からすぐに注文することができます。典型的な導入例では、約200TBのデータからスタートします。価格は仕様や地域によって異なります。編集者への注意事項 1 分散ファイルシステムおよびオブジェクトストレージに関するGartne社のマジック・クアドラント、2019年9月30日に発行、Julia Palmer、Raj Bala、Chandra Mukhyalaによる。2 Qumuloインストールベースの分析プラットフォームより。

さらに詳しい情報:
Qumulo, Inc.
pr@qumulo.com
415-310-9767

Fujitsuについて
富士通は、日本を代表する情報通信技術(ICT)企業であり、あらゆる種類のテクノロジー製品、ソリューション、サービスを提供しています。約13万人の富士通社員が、世界100カ国以上のお客様をサポートしています。私たちの経験とICTの力で、お客様とともに社会の未来を創造していきます。富士通株式会社(東証:6702)は、2020年3月31日終了会計年度の連結売上高を3兆9,000億円(350億米ドル)と発表しました。詳細については、www.fujitsu.comをご覧ください。ここに記載されているその他の会社名および製品名は、それぞれの所有者の商標または登録商標です。このプレスリリースに記載されている情報は、発表時のものであり、予告なしに変更されることがあります。 

Skills

Posted on

June 3, 2021